八女茶について<八女茶のできるまで>

茶葉栽培管理カレンダー

2月 春整枝(摘採面を均一にする)
春肥の施用
3月

防霜対策(防霜ファンの点検、始動)
茶苗の定植
春肥の施用
病害虫防除

4月

芽出し肥の施用
一番茶摘採(中旬より茶摘み開始)
病害虫防除

5月

一番茶摘採
中切り、深刈り更新(茶園の若返りのための剪定)
夏肥の施用
病害虫防除(一番茶摘採後)

6月

二番茶摘採
茶苗さし木(夏ざし)

7月

三番茶摘採(一部の茶園)
土壌改良材の施用
病害虫防除

8月

深耕(踏み固められた畝間を柔らかくする)
秋肥の施用
病害虫防除

9月 茶苗さし木(秋ざし)
秋肥の施用
病害虫防除
10月 秋整枝
(一番茶に古葉が混入しないように摘採面を均一にする)
11月 病害虫防除



荒茶加工 (1次加工) 工程(約4時間)

蒸し
お茶の葉を蒸気で蒸します。
表面の水分を取り除きながら冷やします。
粗柔・揉捻・中揉
揉みながら、熱風で乾かします。
お茶の葉に力を加えて、水分の均一をはかりながら乾燥します。
製造工程 ムービーを見る
精揉
お茶の葉に熱と力を加え形を整えながら乾かします。
乾燥
揉み上げたお茶の葉を十分乾かします。
ここでの工程で出来たお茶は荒茶と呼ばれます。
もとの生葉の20%程の量になります。
集荷
大半が農協共販によって茶取引センターに出荷され、茶商に販売されます。


入札会 ムービーを見る

仕上加工 (2次加工) 工程(約4時間)

投入

荒茶を購入した茶商は次のような仕上げ茶への加工を行います。

選別
荒茶は形状が不揃いなので、ふるいにかけ、粉、木茎などを取り除き、切断してお茶の形を整えます。

火入れ(乾燥)
お茶を火入機により、よく乾燥させ青みを取り除き、さらにお茶の香りや味をつくりだし、製品価値を高めます。
ブレンド
できあがったお茶に品質のむらがないよう合組し均一化をはかります。
※ここまでの工程でできたお茶を仕上茶と呼びます。
袋詰め
ブレンドされたお茶をチッ素充填で品質劣化防止を行い袋詰めします。

小売店(消費者)
より良い品質のお茶を作りだす為に審査会が行われます。
審査会 ムービーを見る

安全安心のお茶生産

消費者に安心して「八女茶」を飲んでいただけるように、全農ふくれん茶取引センターに上場される荒茶は、農薬散布や摘採日などの栽培履歴の添付が義務付けられており、購入者から要請があれば開示されるシステムになっている。また、JAふくおか八女が集荷した荒茶は無作為にサンプルを採取し、JAの環境センターで農薬の残留分析を行い、安全安心なお茶生産に取り組んでいる。