福岡の八女茶 【ふくおかのやめちゃ】の歴史

ロゴ 英語 に込められた 想い 八女茶

福岡の八女茶 【ふくおかのやめちゃ】の歴史

福岡県の茶業は、1191年、中国(宋)に学んだ栄西禅師が脊振山に茶の種子を播いたことに始まります。お茶は福岡県を代表する特産品のひとつで、なかでも八女地区(八女市・筑後市・八女郡)は全国的にも名高いお茶の産地。恵まれた風土と伝統あるすぐれた技術により生産される「福岡の八女茶」は、煎茶、玉露ともに香り豊かでうま味のある高級茶として全国各地の人々に愛されています。また、「八女伝統本玉露」は、2015年に新たにスタートした日本各地の農林水産物などの特産品を、国が知的財産として保護する、地理的表示保護制度(GI)に、全国で初めて登録されました。

八女茶は、日中の気温が高くて夜間は冷え込むという気候である福岡県八女市で、昔から作られてきた高級玉露です。また、八女茶は高級玉露として知られているため、日本有数の高級茶産地としても有名なんです。

yamecha present yame ocha cha fukuokanoyamecha 2
yamecha present yame ocha cha fukuokanoyamecha 2

福岡県の高級玉露で知られる八女茶の特徴は、甘くてコクがある美味しいお茶として人気があります。これは、日中の気温が高くて夜間は冷え込むという気候の特徴が活かされていて、甘くてコクのある特徴が人気の高級玉露が生み出されているためです。

茶葉の特徴がしっかりと出ている高級玉露だからこそ、日本有数の高級茶産地として、お茶の販売平均単価が日本一高いという特徴もあります。

福岡で美味しいお茶を楽しむなら、八女市へと言われるほど茶畑が多いという特徴があります。茶畑に霧靄が朝には立ち込めるという美しい光景を眺めることもできる地域でもあります。

福岡の八女茶 ろご

ふだん何気なく飲んでいる日本の緑茶は800年以上の昔から飲用され続けられています。
お茶の中に私たちの健康保持のための有効成分が沢山含まれていることが明らかになりました。

2021年度八女のお茶が「玉露の産地賞」を受賞しました!

高級茶 日本一 玉露 伝統本玉露 福岡の八女茶 日本茶 八女 緑茶 お茶種類 歴史 特徴 yame tea green gyokuro 5
高級茶 日本一 玉露 伝統本玉露 福岡の八女茶 日本茶 八女 緑茶 お茶種類 歴史 特徴 yame tea green gyokuro 5

2021年11月16日から19日の日程で静岡県静岡市で開催された、「全国茶品評会」。
全国各地からよりすぐりの緑茶が出品され、お茶の日本一を競う大会です。

八女茶はこれまで「玉露」の産地として、2020年度まで20年連続産地賞を受賞しましたが、

なんと!2021年度も「玉露の産地賞」を受賞しました!
八女伝統本玉露をはじめ、生産者の皆さんのプライドと確かな技術が評価されたものだと思います。

八女市の玉露生産者の方は、中山間地域の急こう配茶畑で生産されることが多く、1番茶しか摘み取りをしないため生産量は煎茶と比べて多くはありません。
高級と言われる玉露ですが、その香りは香ばしい覆い香に、出汁のようなうまみと甘み。
1杯味わえば、贅沢なひとときを感じていただけます。

今年もかなり品質が良いといわれています。
高級で贅沢な八女の玉露をぜひ一度お召し上がりください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。